忍者ブログ
新刊のご案内と古き良き書物のご紹介♪
Posted by - 2018.11.18,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by No Name Ninja - 2008.09.04,Thu



【内容情報】(「BOOK」データベースより)

ホームレスを夢見る会社員。売れないアイドルを一途に応援する青年。合コンで知り合った男に遊ばれる女子大生。老婆に詐欺を働く借金まみれのギャンブラー。場末の舞台に立つお笑いコンビ。彼らの陽のあたらない人生に、時にひとすじの光が差す—。不器用に生きる人々をユーモア溢れる筆致で描き、高い評価を獲得した感動の小説デヴュー作。

PR
Posted by No Name Ninja - 2008.08.28,Thu



あなたは「偉大な秘密」を手にしています。

この「秘密」を理解した暁には、あなたは欲しいものを手に入れ、なりたい人物になれ、やりたいことがなんでもできるようになるでしょう——。全米700万部の大ベストセラー、遂に日本上陸!


ザ・シークレット
本体価格 1,800円 (税込 1,890 円) 送料無料
Posted by No Name Ninja - 2008.08.26,Tue



【内容情報】(「BOOK」データベースより)

貧困に喘ぐタイの山岳地帯で育ったセンラーは、もはや生きているだけの屍と化していた。実父にわずか八歳で売春宿へ売り渡され、世界中の富裕層の性的玩具となり、涙すら涸れ果てていた…。アジアの最底辺で今、何が起こっているのか。幼児売春。臓器売買。モラルや憐憫を破壊する冷徹な資本主義の現実と人間の飽くなき欲望の恐怖を描く衝撃作。


闇の子供たち
Posted by No Name Ninja - 2008.08.23,Sat



戦国期、天下統一を目前に控えた豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じた。そのなかで最後まで落ちなかった支城があった。武州・忍城。周囲を湖で取り囲まれた「浮き城」の異名を持つ難攻不落の城である。秀吉方約2万の大軍を指揮した石田三成の水攻めにも屈せず、僅かの兵で抗戦した城代・成田長親は、領民たちに木偶の棒から取った「のぼう様」などと呼ばれても泰然としている御仁。城代として何ひとつふさわしい力を持たぬ、文字通りの木偶の棒であったが、外見からはおおよそ窺い知れない坂東武者としての誇りを持ち、方円の器に従う水のごとき底の知れないスケールの大きさで、人心を掌握していた。武・智・仁で統率する従来の武将とは異なる、新しい英傑像を提示したエンターテインメント小説。


のぼうの城
体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料
Posted by No Name Ninja - 2008.08.13,Wed



タイ生まれの日本人・十河将生。借金を重ね、妻を亡くし、再びタイに舞い戻った彼は、中国人の女をシンガポールに連れ出す仕事の依頼を受けるが…。人間の根源的欲望を描き切ったアジアン・ノワールの最高峰。


マンゴ−・レイン 価格:1,785円(税込)送料無料
Posted by No Name Ninja - 2008.08.12,Tue



【内容情報】(「BOOK」データベースより)

天才数学者でありながら不遇な日日を送っていた高校教師の石神は、一人娘と暮らす隣人の靖子に秘かな想いを寄せていた。彼女たちが前夫を殺害したことを知った彼は、二人を救うため完全犯罪を企てる。だが皮肉にも、石神のかつての親友である物理学者の湯川学が、その謎に挑むことになる。ガリレオシリーズ初の長篇、直木賞受賞作。


容疑者Xの献身
本体価格 629円 (税込 660 円)
Posted by No Name Ninja - 2008.08.09,Sat



若だんなに元気がない? それは天下の一大事! 誰が一番若だんなを喜ばせられるか、ひとつ勝負といこうじゃないか! 大人気「しゃばけ」シリーズ最新刊!


いっちばん 本体価格 1,400円 (税込 1,470 円)
Posted by No Name Ninja - 2008.08.04,Mon


※好評につき、静山社初回特典とオリジナルブックカバーのプレゼントを延長しました。特典はなくなり次第終了になります。
※プレミアムパッケージでのお届けも、なくなり次第終了になります。
楽天ブックスより引用


ハリー・ポッターと死の秘宝
本体価格 3,800円 (税込 3,990 円) 送料無料
ブログ内検索
ネットでブックオフ
ブックオフオンライン
boople.com
バーコード
アクセス解析
楽天ブックス
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]